文武両道・失われた日本の心

いつの間にか忘れられた「日本の心」。古きよき時代の記憶を呼び戻す、愛書記・読書記。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 久間氏の「しょうがない」発言、右からも左からも嫌悪されて当然 | main | 腐りきった日本政府の現在 >>

虚妄の正義

 民衆の正義とは、富豪や、資産家や、貴族や、その他の幸福なものに対して、利己的な嫉妬を感ずることである。
 いかに? 嫉妬ですらが、尚正義であるか?

     (萩原朔太郎著『虚妄の正義』より)

 この平成の御世の民衆こそ、地球より重い嫉妬にかられ、自民党の政治家批判ばかりが氾濫して見苦しい。しかしながら、馬鹿な政治家が氾濫しているのも事実だから、どっちもどっちである。
 まあ〜〜共倒れするがヨイ(苦笑)。

萩原朔太郎著『虚妄の正義』(第一書房刊・昭和十二年第五刷)
正義ほど胡散臭いものはない | permalink | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -