文武両道・失われた日本の心

いつの間にか忘れられた「日本の心」。古きよき時代の記憶を呼び戻す、愛書記・読書記。
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 恥について | main | 耳障りな最近の日本語 >>

日本という国家

正統の哲学 異端の思想  中川八洋著 (徳間書店)」の巻末の言葉。

 日本という国家に言及すれば、神秘に包まれた崇敬される皇室の制度と個性的な家風のある家族の制度とは、日本の高貴ある自由のために、日本の光輝ある永続のために、聖別され保守されねばならない。もしこの“保守する精神”とこの保守する闘いの努力とが溶解するとき、日本を映す鏡にはその近未来があのローマの廃虚と重なりあっているだろう。
国家滅亡の原因 | permalink | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -