文武両道・失われた日本の心

いつの間にか忘れられた「日本の心」。古きよき時代の記憶を呼び戻す、愛書記・読書記。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 子供の教育は動物の調教と同じという意見もある | main | 日本という国家 >>

恥について

 日本は恥の文化と言われていたのは全く過去のこと。

 深夜テレビを見ていたら、若い素人の美人OLが過去のSEX経験を手振り身振りを添えて、司会者の有名男性タレントに尋ねられるままに、スタジオ内の視聴者の面前で、臆面もなく、気持よさそうに、白状している。

 別の合コン番組では、男の尻を追っ掛けるうら若き娘たちが、フェロモンをまき散らしている。

 男性にとって永遠の憧れであり神秘であった女性という記号の価値は、既に完全に地に落ちた。

 女性に幻滅する青年達が増え、精子の数が激減するのも無理もない。

 精子の激減は環境汚染ばかりに帰することは出来ないだろう。

 男女同権は日本に限らず世界的な現象だが、節操を無くした女性ばかりが目立つような気がしてならない。

 これらを放送する同じテレビ局が、昼間は殊勝げに教育問題を論じているのだから、既にマスコミ自体が節操もなにもあったものではない。

 以上をまとめて恥知らずと言う。
悲憤慷慨 | permalink | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -