文武両道・失われた日本の心

いつの間にか忘れられた「日本の心」。古きよき時代の記憶を呼び戻す、愛書記・読書記。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 三島由紀夫氏の愛国心 | main | 出所後のインタビューで「暴力は教育だ」と述べた戸塚宏氏 >>

日本はなくなった

日本はすでにないことに気がついて、愕然とした。

プライドも意地も、品格も、威厳も、なにもなくなった。

個人の欲望とエゴが剥き出しになり、偽善という言葉すら死語になった。

そう、偽善は顰蹙を買う軽蔑すべき処世術だと思われていたが、その偽善すら見られなくなった。

下劣な表情が見えみえで、偽善という言葉にさえ嫌われて、本能まるだしの顔貌は醜さを通り越した。

日本人はいなくなった。
悲憤慷慨 | permalink | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -