文武両道・失われた日本の心

いつの間にか忘れられた「日本の心」。古きよき時代の記憶を呼び戻す、愛書記・読書記。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< はかない人生 | main | 三島由紀夫氏の愛国心 >>

「万世一系」の伝統を破壊しようと思い上がりる平成の民

思い上がった平成の国民が、二千年続いた日本国家の歴史と伝統を破壊しようとしている。

3月12日の朝、さきほどフジテレビに数学者の藤原正彦氏が出演されていた。
氏の発言に同調するとともに勇気を得て思うところをここに吐き出しておきたい。

平成の民どもが、どういう資格と権限あって畏れ多くも「万世一系の伝統」を破壊しようとするのか?

日本が日本である所以の根源部分について、平成の民が議論すること自体が言語道断である。

三島由紀夫氏が割腹自害したのも、日本人としての伝統とプライドを捨て去り、エコノミックアニマルに成り下がった下劣な日本人とは、もはや共に生きていくことが出来ないという決断のもとに決行したのではなかったのか?

平成の民、すでに病膏肓に入る!
悲憤慷慨 | permalink | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -