文武両道・失われた日本の心

いつの間にか忘れられた「日本の心」。古きよき時代の記憶を呼び戻す、愛書記・読書記。
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 日本の伝統文化を愛することは、そのすべてを是認するということではないはずだ! | main | 和歌は新古今 >>

明石元二郎

「人の心は金で買える」

という馬鹿げたことをのたもうた御仁が逮捕されたとき、真っ先に思い出したのは、

三島由紀夫氏の小説 『青の時代』

それに、

高木さんの『白昼の死角』

読んだ人なら、ハハ〜〜〜ンと思うだろう。

共通のキーワードは「東大」。

さらに、日露戦争時に裏工作で大活躍された明石元二郎

この人のことを書こうと思っていたら、他の仲間のブログに先を越されたので、リンクでご紹介して終わる。

人の心は金で買える?


追記:三島由紀夫氏の「青の時代」や高木氏の「白昼の死角」のことなど、似たようなことを朝のテレビで指摘していた人がいたとか。
思うことは皆同じなのだろう。

文武両道の精神 | permalink | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -