文武両道・失われた日本の心

いつの間にか忘れられた「日本の心」。古きよき時代の記憶を呼び戻す、愛書記・読書記。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

本日、長州に帰った安倍内閣官房長官の言葉

 長州に一時帰郷した安倍内閣官房長官の言葉。

 日本という国をしっかりした国にしてゆきたい。

 腑抜け国家から脱却できるかどうか?
 隣国の執拗な内政干渉にどこまで耐えるべきか?
文武両道の精神 | permalink | - | -

真の愛国者の生き方の見本

 歴史学者の故津田左右吉氏と、憲法学者の故美濃部達吉氏。

 筆者の最も尊敬する学者さん達であるが、お二人とも戦前から戦後を通じて一貫した真摯な立憲君主制の擁護者であった。
 ところが、津田左右吉氏は『古事記及び日本書紀の新研究』『日本上代史研究』などの著作や東京帝大における講義をきっかけに、昭和十四年に氏の古代史研究が皇室の尊厳を侵すものとして糾弾され、早大教授を辞任。著書は発禁処分のあげく、出版法違反で起訴された。

 一方、美濃部達吉氏は、それまでは政界においても学界においても常識であった「天皇機関説」が問題にされ、昭和十年頃に弾劾されたことは、つとに有名である。

 このようなお二人であったから(美濃部氏は戦後まもなく他界)、敗戦後の反日的左翼陣営からは大いに期待されたのだが、故柳田謙十郎氏等のように変節することなく、皇室存続の主張および左翼思想・共産主義陣営への強い反感と反発などで、一部のフアンをがっかりさせてしまった。
 とりわけ岩波書店発行の月刊誌「世界」における経緯は知る人ぞ知る痛快な出来事であった。

 その他にも、戦後に公職追放に見舞われながらも、些かの変節もなく、その節操と自恃において卓越した存在に、日本浪漫派の保田與重郎氏がいる。
文武両道の精神 | permalink | - | -

出所後のインタビューで「暴力は教育だ」と述べた戸塚宏氏

 戸塚ヨットスクールの戸塚氏の名言あるいは迷言、どちらにとるにせよ、現代社会の風潮では、この言葉に目くじら立てて反論・反対しなければ許されない。

 一理あるとでも言えば、白い目で見られ、明日からは公道を歩けなくなるかもしれない。

 軟弱国家、腑抜け国家の国民どもは、その言葉の真意および深意を汲み取ろうとはしない。

 日本はすでになくなって久しいことに再び気がついて愕然とするのだった。
文武両道の精神 | permalink | - | -

三島由紀夫氏の愛国心

益荒男(ますらお)がたばさむ太刀の鞘鳴(さやな)りに
   幾とせ耐へて今日の初霜


三島由紀夫の辞世の句
文武両道の精神 | permalink | - | -

明石元二郎

「人の心は金で買える」

という馬鹿げたことをのたもうた御仁が逮捕されたとき、真っ先に思い出したのは、

三島由紀夫氏の小説 『青の時代』

それに、

高木さんの『白昼の死角』

読んだ人なら、ハハ〜〜〜ンと思うだろう。

共通のキーワードは「東大」。

さらに、日露戦争時に裏工作で大活躍された明石元二郎

この人のことを書こうと思っていたら、他の仲間のブログに先を越されたので、リンクでご紹介して終わる。

人の心は金で買える?


追記:三島由紀夫氏の「青の時代」や高木氏の「白昼の死角」のことなど、似たようなことを朝のテレビで指摘していた人がいたとか。
思うことは皆同じなのだろう。

文武両道の精神 | permalink | - | -

批判精神なくして、学問の進歩はない!

竹山道雄は現代でも日本人の必読書

批判的精神がなければ、学問の進歩はない。

戦う姿勢がなければ、学問は衰退する。

教授の受け売りばかりしているのでは、学問は衰退するばかりである。

保守派に、進歩思想を排斥する風潮が強いが、何を寝ぼけたことを!

「保守」という言葉に拘泥するあまりの怠慢である。

物事には、「保守」すべきものと、「改革」すべきものと、二種類ある。

発明・改革・改良があるからこそ、機械文明は発達した。

そのかわりに、人間性を喪失したではないか、と言われれば、それはその通り。

堕落するのが人間だ。

「堕落論」を書いた坂口安吾が勧めるように、徹底的に堕落すればよい。

それが現在の日本の状況である。

既に、戦う姿勢を完全に喪失した亡国寸前の日本である。

郵政のレベルは、あれは戦いではない。

みんな、あのウラが読めてないから・・・・・・

平和だったアジアを混乱に陥れた原因を思い出せ!

文系の連中が、批判精神を喪失して、イデオロギーに洗脳されて歴史を解釈するから、西欧と東洋の根本的な力関係の歴史を、完全に忘却してしまったのだ。
文武両道の精神 | permalink | - | -