文武両道・失われた日本の心

いつの間にか忘れられた「日本の心」。古きよき時代の記憶を呼び戻す、愛書記・読書記。蔵書7万冊、長州男児による文学的ブログ。
<< October 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

メジロの日本

JUGEMテーマ:日記・一般
DSC00105
DSC00105 posted by (C)ヒゲジジイ
日本の風景 | permalink | - | -

アオサギが飛ぶ日本の風景

アオサギ
アオサギ posted by (C)ヒゲジジイ アオサギ
アオサギ posted by (C)ヒゲジジイ アオサギ
アオサギ posted by (C)ヒゲジジイ アオサギ
アオサギ posted by (C)ヒゲジジイ アオサギ
アオサギ posted by (C)ヒゲジジイ アオサギ
アオサギ posted by (C)ヒゲジジイ アオサギ
アオサギ posted by (C)ヒゲジジイ
日本の風景 | permalink | - | -

蟷螂の斧(とうろうのふ)と侮るなかれ

幼い蟷螂(カマキリ)
幼い蟷螂(カマキリ) posted by (C)ヒゲジジイ

国民の税金で養われていることの自覚が足りない公僕たちがやたら目に付く昨今である。

奢れるものは久しからず。

官僚たちの専横も永遠ではない。

多くの国民の怨嗟を蟷螂の斧と侮るなかれっ!

幼い蟷螂(カマキリ)
幼い蟷螂(カマキリ) posted by (C)ヒゲジジイ
悲憤慷慨 | permalink | - | -

日本国民を不幸に陥れる愚策を連発する厚生労働省とは一体何者か!?

JUGEMテーマ:健康
 「新臨床研修制度」によって地方医療の崩壊を齎せた厚生労働省の愚策は夙に有名であるが、昨今は古くから日本に伝わる伝統薬や漢方薬の消滅をたくらむ愚策を強行しようとしている。

 過去には血液製剤問題といい、昨今の年金問題といい、天下り問題といい、国民の血税を食い物にして日本国民を不幸のどん底に陥れる巨大怪物組織となり下がっている。

 かくして官僚支配の我が日本国は、遅かれ早かれ官僚たちの手によって滅びるに違いない。

カメラを向けると飛び立った鳩
カメラを向けると飛び立った鳩 posted by (C)ヒゲジジイ 
悲憤慷慨 | permalink | - | -

憲法違反を犯しかねない厚生労働省の無謀

JUGEMテーマ:ニュース

 エリート達の独断で、憲法違反も何のその、味噌も糞も十把一絡げに取り扱う非常識な規制を行おうとする、ある種の狂気集団となり下がっている厚生労働省。

 現実に施行された暁には、重大な問題が噴出することは目に見えているので、その時点で具体的に何を指すかを明かすことにする。

 官僚がこの国を滅ぼす・・・

 精神的に貧すれば鈍する典型である。

 憲法違反問題として、有能な弁護士一人がいれば、おそらく完膚なきまでに・・・

悲憤慷慨 | permalink | - | -

迎春

新年、あけましておめでとうございます。
JUGEMテーマ:大晦日/お正月


日本の風景 | permalink | - | -

官僚が国を滅ぼす

 先の大戦では軍部が暴走したといわれるが、とんでもない、あれこそ「官僚の暴走」の一典型に他ならない。

 つまり、軍官僚の暴走であり、いまも昔も変わらないのは官僚たちの専横である。

 他方では日本語がまともに読めない首相が一国を代表するのだから、ますます学歴優秀な官僚たちの暴走は止まらない。
悲憤慷慨 | permalink | - | -

日本の秋

日本のススキ

紅葉

日本の風景 | permalink | - | -

日本の歴史と文学を忘れてはならない

書庫
日本の歴史 | permalink | - | -

腐りきった日本政府の現在

 諫早湾のギロチン問題、我が日本国政府の血迷った行いの数々、腑抜け国家の成れの果て。
 この国に未来はないのかもしれない。
悲憤慷慨 | permalink | - | -
人気サイト ランキングナビ